今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。



インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。



忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。
日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。



皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。



保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。



すぐに診療を受けましょう。新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。

しかし、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。